アカデミーについてドラゴンズベースボールアカデミーは、野球をとおして
地域の子供たちの健全な育成に貢献し、スポーツの振興を図る活動をおこないます。

矢野博也理事長挨拶

理事長 矢野博也
理事長 矢野博也

佐々木崇夫理事長から引き継ぎ、二年目を迎えるドラゴンズベースボールアカデミー(DBA)理事長に就任しました。球団創設80周年記念事業の一環として、前理事長が設立したDBAをさらに発展させるべく想いを新たにしています。

近年野球離れ、競技人口の減少が指摘されています。この状況にストップをかけるべく野球の普及活動、少年野球選手の育成、野球の振興活動を積極的に行っていきたいと思います。

小学生がなりたい職業では、「野球選手になりたい」が苦戦しているようです。アカデミー参加者の皆様にはプロ野球を身近に感じていただき、将来は「野球選手になりたい」夢を持つ、野球が大好きなこどもを増やすことを目標にしたいと思います。

多様化するプロスポーツ。後発のプロ競技も普及に務めており、野球もぼやぼやしてはいられない時代が到来しています。その一方で野球ができる環境や機会が減って来ています。野球は禁止の公園が増え、自由に遊べる広場も少なくなっています。さらに地域のクラブチームは小子化の影響を受けチーム自体が消滅の危機に見舞われています。

東海地方唯一のプロ野球球団である中日ドラゴンズとドラゴンズベースボールアカデミーが一体となって、愛知県を中心とした東海地方の人たちを元気に、そしてアクティブにすること。これが私達の使命であると思います。

野球をこよなく愛する小中学生の皆様ふるってのご参加を心からお待ち申し上げています。

鈴木孝政校長挨拶

校長 鈴木孝政
校長 鈴木孝政

ドラゴンズベースボールアカデミー創設2年目を迎えます。あっと言う間に1年が過ぎました。手探りで始めたスクール事業です。いかにプロ野球出身者であるとは言え、こどもの指導に長けている訳ではありません。またご両親の想いともいささか違った事もあったかもしれません。しかしこども達は、楽しんだり、充実したり、うまくいかなかったり、我慢したりと色々な体験してもらえたのではないでしょうか。このような体験を野球の中で沢山積んでいって欲しいと思います。今年は、初の卒業生を次のステップに送り出します。野球の技術向上も大切ですが、野球を通して礼儀や感謝などの社会性を身に着けて欲しい。ドラゴンズベースボールアカデミーに入って良かったと思って頂ければ幸いです。

野球は基本が大切です。この考えは変わりません。単調になりがちな練習の反復になったかもしれません。しかしこの1年の練習実績を積み重ねた結果、その道筋が見えて来ているのも事実であります。あくまでもこども達の将来のために。チームではないので公平に。グループ指導を通じて全体のレベルアップを図っていきたいと思います。

最近は、「投げられない」こどもの数が増加していると聞きます。遠くに投げる、速いボールを投げる、コントロール良く投げることはとても難しいのですが、まず投げる体験を沢山して欲しいと思います。

スポーツで身体を鍛えて、丈夫な体をつくれば、健康になることに繋がると思います。最後には、「野球が大好き」になって欲しいです。

「野球好き集まれ!」

三木安司事務局長挨拶

アカデミーの基本的指導指針は、こどもの運動体験を増やすこと。将来のための基礎的技術を習得してもらうことです。

野球の上達を望むならば、こどもの発達に必要な色々な運動体験をすることが重要です。特に5才から8才のこどもは脳を始め色々な神経量が増加し発達する時期です。その後に骨が完成し、筋が発達して体ができていきます。

運動体験には遊びが含まれています。昔遊びの中には、子どもの神経系の発達に役立つ要素が沢山ありました。鬼ごっこや、かくれんぼ、木登りや、かけっこなどです。すばしっこく動き回り、軽い体重を活かして運動することが発達の基礎となるのです。しかし「外で遊ばない問題」が大きく立ちはだかっているのです。このことは野球を本格的にプレーしているこどもにも当てはまるのです。パワーや技術は、この基礎的な運動体験の上に積み上げてあげる必要があるのです。

ここでスポーツの出番です。時間と場所と仲間をつくる場、思い切りスポーツができる環境を提供し、スポーツ競技者の底辺を成すべきジュニアの育成を図る。スポーツを通じて、協調性や課題克服力、忍耐力などを学び、人間力の土台を造ってもらう。そして野球の普及、振興を実現してスポーツの振興を目指したいと思います。

ドラゴンズベースボールアカデミースクール事業は、平日の開催を中心として地域のチームとの共存と繁栄の両立を目指します。アカデミー事業は、野球に関する情報発信。野球の普及活動に努め、地域のチームの競技者増加を目指したいと思います。

設立趣旨

近年、若年層の野球離れが進んでおり、現状のままでは、この野球離れがさらに進んでいくことが予想されます。そこで、野球の再興ないし発展を目指し、野球離れに歯止めをかける必要があります。また、野球に取り組む子どもたちにおいては、専門的かつトップレベルの野球指導を受けたいという要請が多くあります。そこで、地域の子ども達に対し、幼い頃より野球に触れさせてその楽しさを体感させるとともに、元プロ野球選手による本格的技術指導を主とした野球教室を提供するアカデミーを設立することにしました。そして、これら活動を公益性のある団体として活動していくためにNPO法人として起ち上げることとしました。

設立目的

  • 社会貢献
  • スポーツ振興 野球振興 野球普及
  • 幼児・児童・少年の健全な成長・発達
  • 元プロ野球選手セカンドキャリア支援 指導者育成
  • 地域社会の活性化・市町村民のための事業

育成目標

  • 課題克服力
  • 失敗耐性
  • チャレンジ精神
  • 人間力向上

組織紹介

【理事長】 矢野博也 【理事】 大西正一 【監事】 石堂典秀
      加藤宏幸    

設立

【設立年月日】 2015年8月7日

組織概要

名称:特定非営利活動法人ドラゴンズベースボールアカデミー
住所:〒460-0008 名古屋市中区栄四丁目1番1号

資料一覧

財務内容

活動報告書